【無職2ヶ月目】普段読まないジャンルの本を漁ってみた話

Book Review

2度目の無職期間(大人のギャップイヤーと呼んでいます!)も2ヶ月が経とうとしています。

本当に毎日好きなことができて幸せなんですが、ずっとやりたかったことの一つが

普段読まないジャンルの本を読むこと。

私は小さい頃から読書が大好きでしたが、ここ数年は「すぐに身になりそうな自己啓発本」ばかり読んでいました。

それはそれでモチベーションにもなって良かったのですが、知見を広げるためには、少し寄り道というか、別の世界も見てみたいなと。

忙しいと新しいことになかなか手を出せないけど、無職になったので、早速挑戦しました!!

結論:かなりいい!!(語彙力w)

エッセイ、小説、歴史、図鑑などを読んでみたけど、本当にいろんな世界があるんだな〜と。

積ん読も片付けられてスッキリ。(読み終わったものはフリマアプリで断捨離。)

Kindleと図書館も大活用。

中でも特に良かったな〜と思う2冊を紹介させてください。

1、「寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか 女の人生をナナメ上から見つめるブックガイド」

これはエッセイの部類に入るのかな。

タイトル長すぎですが、全てが今の私にドンピシャで、楽しく読ませてもらいました。

本を紹介しながら、その一冊にちなんだ作者のエピソードや考えが書かれています。

人生観のこと、特にパートナーとの関係性や必要性について独特な視点を持っていて、作者とす友達になりたいと強く思いました。笑

ビルゲイツ離婚ネタの時も思ったんですが、パートナーシップも多様な形や段階が認められていいですよね。

まだまだ「同性婚は種の保存に背く」と政治家が言ってしまう我が国ですが。

【↓首がもげるほど頷いたけみおさんのツイート。】

2、男ともだち

これは小説。

小説なんていつぶりに読んだだろうって感じだったんですが、かなり引き込まれました。

読書は読書でも、自己啓発本を読むのとは別のジャンルの行為をしている気がした。

主人公が、強いんだけど色々と抱えていて。

クリエイターだったことや、他人とうまく馴染めていないところも私には魅力的だった。

結構じっとりとした内容で、私の精神もどんよりとさせました。笑

これもHSPあるある?

学生の頃にも小説よく読んで感傷に浸ってたような。またここからハマってしまいそう。

 

ちなみに洋書をガッツリ読んで英語力をブラッシュアップしたいというのも、やりたいことリストの一つ。

洋書はもうKindleが便利すぎて手放せないです。

わからない単語を長押しすると辞書が出てくるので!

iPadと何が違うのかと聞かれると、全くの別物だと答えます。笑

ブルーライト出ないのも目に優しいし、何より軽い。

でも私がKindleを購入した一番の理由は、照明がついてるので暗いところでも読書できること。

狭い部屋で同棲してると、遅くまで電気をつけて本を読むことが迷惑な気がして。

今はいくらでも煌々と電気つけられますけどねヽ(;▽;)ノ

どんなジャンルでも、オススメあれば教えて欲しいです〜。

インスタとかTwitterで気軽に絡んでください^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました